ウイルスDNA挿入位置の解析

PGL法

 生物のゲノム中に含まれる外来遺伝子を検出する手法です(特許申請中)。探索したい遺伝子配列がわかっていれば、ゲノム内のどこに入っているかが安価にわかります。複数箇所にも対応できます。前後のゲノム配列との融合遺伝子として結果がわかります。下図では、その原理の概要を示します。

 

応用例:トランスジーンの導入位置の探索、ウイルスのインテグレーション位置の探索、融合遺伝子の探索など。

Copyright © 2017 Progress Gene Laboratories Co.,Ltd.

All Rights Reserved.