研究開発部門

遺伝子多型、遺伝子発現解析を実施し、

各種疾患や健康状態の指標となる

体外診断マーカーの開発を行っています。

「体外診断マーカーの開発」

 高速シーケンサーを用いたRNA-seq、エキソーム解析等から得られるデータを元に、疾患関連遺伝子や遺伝子多型を同定し、体外診断における検査マーカーとしての開発を進めています。

 

「非侵襲的な検査手法の開発」

 排泄される体液(唾液、尿、糞便等)を利用することで、安全で痛みのない検体採取で正確な検査を行う手法の開発を進めています。

 

「ご依頼による検査系の開発と導出」

 受託検査会社様からの依頼を受けて、ご要望に沿った形での検査型の開発を行っています。特に、遺伝子・ゲノム関連の検査系の開発を得意としており、予算と検体規模に合わせた検査系を確立して、導出しています。

 

 

Copyright © 2014 Progress Gene Laboratories Co.,Ltd.

All Rights Reserved.